葬式の費用

葬式と切っても切り離せない大きな問題の一つが費用です。一昔前までは200万円を越えるのが当たり前、という時代のようでしたが、今はそんなことはありません。葬式の様々な種類や様式によって費用が変わってきます。
さらに地域別にみると、東京都内での葬式の費用は全国の平均と比べると高くなっています。
なぜ東京での葬式費用が高いのでしょうか?
その理由は、東京都だと民営の火葬場利用が多く、火葬料の割増によってどうしても高くなってしまいます。また、斎場利用費用が他の地域より高いのも原因の一つだと考えられます。
それでも地域に関係なく、出来るだけ費用を抑えたいと考えた時に色々な葬式のかたちがあることを知りました。
それは以下のような葬式です。

○直葬 通夜/告別式を省いて、直接火葬場で簡単な儀式を行う葬式
○一日葬 通夜を省いて告別式だけの葬式
○二日葬 通夜/告別式の従来型の葬式

以前は二日葬が普通でしたが、今は宗教の観点や慣習の移り変わりによって、全国的に顧客のニーズに合わせた様々な葬式の形態が出てきたようです。
さらに参列者の人数によっても、葬式の規模や形態が変わってきますので、費用にも影響が出てきます。
そして、費用に大きな影響が出てくるのが祭壇費用や宗教者への支払いです。祭壇は10万円から100万円超のものまで様々で、上を見るとキリがありません。また仏教の葬式であれば、戒名の位によってお布施の費用が変わってきます。
葬式の形態より後の話は東京のお葬式に限らず全国で共通の話になると思います。
いずれにしても故人をどのように送るのかという姿勢の問題ですから、費用ばかりに目を奪われないようにしたいものです。