葬儀社と葬祭場

葬儀を行う場所を葬祭場、葬儀場、斎場などの名称で呼びますが、それぞれは厳密には違いがあるようですが、一般の我々は厳密な区分まで知る意味はあまりないかもしれません。
ただ、葬祭場と言う呼び名で葬儀社とその葬儀の会場を一体のものと見なす場合がありますが、葬儀社がその会場の所有者でないことのほうが普通ですので、そこだけは注意が必要です。
逆に葬儀社が葬儀の会場(斎場)を所有している場合は、その葬儀社に依頼するとその斎場を使用することになります。つまり、葬儀社選びと斎場選びは同じになります。
しかし、利用料の安い公営斎場や地域の公民館で葬儀を行う場合は、葬儀を円滑に進めるために葬儀社を別に探して依頼する必要が出てきます。
また、葬儀社を先に選んで、葬儀の規模や予算に応じた会場を探してもらうと言うのも一般的な話です。その探す会場の名称が、公営施設に限らず、民間が経営する葬祭場、葬儀場、斎場という冠婚葬祭専門会場になることもあるのです。
話は堂々巡りをしているようですが、葬儀社と葬儀の会場の関係を理解していただくために、くどい説明になってしまいました。
要は、自分が葬儀を執り行う時に、葬儀社選びと葬祭場選びはどちらを優先させたほうがいいのか?という問題です。
結論から先に言いますと、葬儀社選びを優先させたほうがよいです。正確に言うと、自社保有斎場を含めて、どういう会場を知っていてどんな提案してくれるのかを見た上で葬儀社を決めるということです。
たとえば、日程などの諸事情によって、前もって希望していた葬祭場を使うことができず、別な会場を探さなければいけないことも起こりえます。そんなとき、地域事情をよく把握していない葬儀社では融通が利かず、スケジュールを後ろ倒しにしたり、規模に合わない会場を提案してきたりするからです。
そんなことが起こらないように、すべてを安心して任せられる葬儀社を選びたいですよね?そのためにもどんな葬祭場を提案してくる葬儀社なのかを見極めることが重要なのです。